虹プロ2韓国合宿の個人レベルテスト順位は?キューブを貰えたのは誰?

《 本サイトはプロモーションを含んでいます 》
エンタメ

虹プロ2の韓国合宿がいよいよ放送スタートとなりました。

初めて飛行機に乗ったという「エイジ」を始め、日本から韓国へと舞台を移し切磋琢磨する彼らを見守ることになります。

最初に彼らが行うのはどんなことでしょうか?

J.Y.パークさんは何といって彼らを迎えるのでしょうか?

虹プロ2韓国合宿の個人レベルテスト順位は?

1位  ユウ
2位  トモヤ
3位  ケン
4位  ユウヒ
5位  ハル
6位  ユウキ
7位  エイジ
8位  ショーン
9位  セイタ
10位  ソウダイ
11位  タイガ
12位  ミラク

虹プロ2韓国合宿の個人レベルテスト曲目は?

最初に行われるのは、個人レベルテストです。

それぞれ選んだ曲を課題曲として約1ヶ月間の専門的なトレーニングを受けながら、練習していきます。

披露した順に曲目をご紹介します。

ユウキ(16)

2PM「10 out of 10」

男らしく大人の魅力に溢れる2PMの楽曲ということで、どう表現するか悩んでいたところにJYP練習生のソウダイが声をかけました。

「2PMさんは男らしく踊るけど、2PMさんにならないといけないとか思わないで、そのまま、いつもの、ユウキの性格をステージに出せるようにすればいい」というアドバイスをソウダイがくれました。

これを受けて、自分の魅力をお見せすることに意味があるんだと、沈んでいた気持ちを切り替えて練習に励むことができたようです。

トップバッターであることの緊張もあり、やるべきことをやっている感じにも見えるが、自分を補える力を見せてくれた。キレがありラインも綺麗なダンスで雰囲気も印象的だったと評価されました。

僕が一番アーティストに期待するところは自分の短所を補えるところです。

ユウキくんは僕にそれを見せてくれました。

「来てください」の言葉をもらいキューブを手にすることができました!




ハル(17)

2PM「Again & Again」

本人が課題と考えた「感情表現」がまさにJ.Y.パークさんがハルに対して感じていて見せてほしいと思っていた部分だったこともあって、好印象なのは間違いありませんでした。

最初はダンストレーナーとボイストレーナーの両先生から、感情表現が足りないとの指摘を受けました。怒らないといけないのに怒っているように見えないと。

これは虹プロ1の韓国合宿中のチームミッションでマコちゃんも2PMさんの曲を練習中に「怒る」という表現について頑張っていたなと思い出しました。

何度も繰り返し動画を撮り見直して、先輩方のMVなども見て勉強し、感情表現の入れ方を修正していっていました。

本番では、終わった瞬間会場中から拍手と歓声が沸き上がりました。

芸術という事は「ある感情」を表現することです。だからダンスがいくら優れていても、また歌が本当に優れていても「ある感情」が感じられなかったら、感動が生まれません。

でも、このハルくんの舞台は「本当に芸術作品みたいです」と絶賛を受けました。

1つだけ、歌の最後にアドリブを入れた時にボリュームを上げたり下げたりしましたが、それはしてはいけません、悪いクセですと指摘をうけました。

それ以外は本当に感動的な舞台でした、「来てください」の言葉があり、キューブをもらいました。

席に戻り安心して笑顔がこぼれて素敵でした。

ユウ(18)

GOT7「Girls Girls Girls」

もともとのJYP練習生たちとの差にプレッシャーを感じていた彼は、とにかく一生懸命練習をしていました。

体感を鍛えることを怠らなかったり、韓国語の歌詞もうまく歌えるように皆に協力してもらいながら頑張った様子でした。

韓国語自体はものすごい勢いで上達しているようで、J.Y.パークさんの突発的な「文章を作ってください」というミッション(?)にも少し時間をかけながらも作っていました。すごいです!

地域予選でブレイクダンスを披露していただけあって、筋力的にはわりと充実していそうで、体も軽いようです。

でも、それにはものすごく練習もしていたことがわかりました。トレーニングの先生から何度も指摘されながら我慢強くついていっていました。

今回披露した中でバク宙や、片手逆立ちなどがありましたが、ものすごく軽く見えました。練習のたまものだと本当に思いました。

終わった瞬間、会場中から拍手と歓声が沸き上がりました。ハルより多かったかもしれません。

見る人の心も捉えたと思いますが、J.Y.パークさんの心もガッツリ捕まえたようで、もしかして涙ぐんでいらっしゃるのかな?と思うようなちょっと目が充血してるっぽいJ.Y.パークさんから、切実に練習したのがわかると褒めて頂いてました。

明るくて元気な雰囲気が完璧でした、その中のディテールまで完璧です。リズム感も完璧だと歌の部分でも褒めてもらえました。

アクロバットを見て感動したわけではなく、そこに入る前や後にあえてリズムに早く乗ったり遅く乗ったり、そういうメリハリ、強弱があって素晴らしかったです。

人生でチャンスはなかなか来ません。それが来たときにそれを掴むべきです。富安君は今、それを掴みました。韓国語が上手になったよりもっと歌とダンスが上手になったと褒めて頂いていました。

ミラク(15)

Stray Kids「MANIAC」

練習中から、以前J.Y.パークさんから指摘されていたのと同じようにトレーナーさんからも、ダンスに力が足りないところを指摘され、頑張っていました。

J.Y.パークさんからは、ダンスをする時、全ての動きの奥にはその動きに合うフィーリングがあります。だから動きの転換はいつもフィーリングの転換です。

でも今はそのフィーリングの幅がうまく表現できていないです。

動作に対する理解とそれを表現する能力がすこし足りないです。なのですごく努力しないといけないし、歌もいまよりもっと伸びないといけないです早く。

という評価をもらってい、即キューブは獲得できませんでした。

でも、全ては努力で補えることなので頑張ってくださいとのお言葉でしたので、ミラクに期待していることに間違いはないと思います。

家族に会えなくてホームシックになったとのことでした。

この年齢で自分が家族と離れて暮らすというのは想定していなかったことでしょうから、練習がうまくいかないのもあって余計にそういう気分になったのだろうと思いました。




ユウヒ(16)

GOT7「A」

J.Y.パークさんからは、本当に、とても自由に遊ぶ感じが出ていますと評価されました。

感情表現がGOT7のように見えます。

体の力を抜くことが出来ていたので、喉も開いて声も良く出て、ダンスの転換もよかったようで、誉め言葉ばかりが並びました。

即キューブをもらいました。

登場した時から表情が明らかに違いました。自信をもって臨むことができて本当によかったなと思います。

ショーン(18)

GOT7「Hard Carry」

ショーンが登場してすぐに、J.Y.パークさんから立っている雰囲気が変わったと言われました。

茶目っ気のある目はそのままなのに、姿勢とかそういうのがなんだかスゴく、とても凛々しくなった、と。

評価としては、スピードが足りないです。本当に速く踊るべき動きがあります、でも全ての動きのスピードがあまりにも同じです。

でもそれ以外は完璧でした。ショーンが本来持っていた余裕と茶目っ気にキレが加わわりました、それが大きな違いです。

余裕のある動きがダンスを大きく見せ、歌まで良かったです。

とても見たかった変化ですが、その変化がいま目の前に見えて、とても誇らしいです、本当にカッコよかったです、、と即キューブを貰えました。




ソウダイ(17)

Usher「DJ Got Fallin’ In Love」

高音の出し方や、高音への感情表現について悩んでいます。トレーナーさんからも「仕事をしているみたい」と感情が伝わってこないことを指摘されていました。

J.Y.パークさんからは、高音がどれも同じ音に聞こえ、何の感情も伝わってこず、音楽に聞こえなかったとまでの評価をもらいました。

即キューブはいただけませんでした。

韓国では特に歌での感情表現について厳しい追及感があります。だからこそ胸を打つ韓国の歌が多いのだとも思っています。

間違いなく歌の才能はあると思いますので、次のミッションでは今回のことをバネにして頑張って欲しいです。

ケン(17)

2PM「HANDS UP」

練習中に自分の実力の低さでプレッシャーに押しつぶされそうになって泣いてしまったケン。でもトモヤからの愛の励ましで気持ちが盛り返した様子でした。

J.Y.パークさんからは地域予選時の歌とダンスの順位を取り上げられ、「ビリの逆襲ですね」と嬉しい言葉をもらいました。

歌が印象的、トーン良し、高音をパワフルに出せるようになれば最高レベルまで行けると言っていただき、即キューブをもらいました。




エイジ(16)

Rain「How to Run From the Sun」

歌がすごく自信がないというエイジ。

ボーカルレッスンでもトレーナーさんから「感情が入っていない」と指摘を受けていました。

ハルに相談して表現について教えてもらっていました。

J.Y.パークさんから、J.Y.パークさんも心配していた歌が伸びていたことを評価されました。

即キューブを頂きました。

セイタ(16)

Stray Kids「CASE 143」

みんなのベストフレンドに選ばれたとのことで、J.Y.パークさんのセイタへ向けられる眼差しがとても優しかったのが印象的でした。

歌唱中に息が切れる理由として「息を止めて話す」という普段の会話からの癖を見抜いていたJ.Y.パークさんはすごいです。

セイタ自身はじっくり考えて話す時に出る癖のようだと自己診断していました。

慎重に考え友のためになろうとするセイタ自身の長所でもあることから、息を止めるところだけを直して欲しいというような感じで伝えられました。

でも、J.Y.パークさんからダンスがとてもよくなったと褒めてもらって、即キューブをもらいました。


タイガ(18)

Stray Kids「MIROH」

練習でもトレーナーさんからなかなか褒めてもらえませんでしたが、練習は一生懸命重ねていました。

座って待っている間のタイガの表情が不安で満ちていたのでイチ視聴者としてとても心配していました。

J.Y.パークさんからは大きなため息と、ダンスのラインが全く見えない、歌は伸びた感じがしなくてもどかしいなど、厳しい言葉をもらいました。

J.Y.パークさんは参加者の中で練習期間が4年という最長年数になるタイガを心から応援しているようで、何とかトレーナー先生たちの力を借りながら頑張ってほしいと告げました。

キューブは貰えませんでした。

トモヤ(17)

J.Y.Park「Who’s your mama?(feat.Jessi)」

練習を始めましたが、ボーカルでは歌のリズムについて指摘を受け、ダンスでもバウンスを出さないといけないと指摘されました。

基礎を重点的に練習し、更にオリジナルの振り付けも入れて臨みました。

J.Y.パークさんから「これはオーディションの舞台じゃなかったです、公演みたいです」と最高ともいえる評価を頂きました。

即キューブを貰いました。

虹プロ2の完全版はHuluで見ることができます!

虹プロ2韓国合宿の個人レベルテストでキューブを貰えたのは誰?

全体の順位が決まった段階で追いキューブがあると思いますが、確認の取れている人順で書いていきたいと思います。

即キューブがもらえた参加者さんたち

ユウキ

ハル

ユウ

ショーン

ユウヒ

ケン

エイジ

セイタ

トモヤ




まとめ

韓国合宿がスタートして、皆の注目がさらにUPしてきたであろう虹プロ2ですが、テレビでは放送されない部分もありますので、少しでも補える内容でお伝えしたいと思っています。

分かり次第追記していきますので、よろしくお願いします。

その他の虹プロ2関連記事

虹プロ2韓国合宿のチームミッションの結果と個人順位は?12位は誰?

虹プロ2東京合宿チームミッションのメンバーは?課題曲も紹介!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました