となりのナースエイドのシムネスとは?難病医療用語の内容を調査

《 本サイトはプロモーションを含んでいます 》
となりのナースエイドのシムネスとは?難病医療用語の内容を調査 エンタメ

2024年1月にスタートした日本テレビの水曜ドラマ「となりのナースエイド」は、新米ナースエイドの桜庭澪(川栄李奈)が資格はないけれども、患者や医師、同僚との交流を通じて成長していく姿が描かれています。

このドラマの中でキーワードとなるのが「シムネス」という言葉で、これは物語において重要な位置を占めています。

シムネスとは一体何なのか、どんな病気なのか、そしてシムネスにかかるとどうなるのか、調査してみました。

ただし、記事にはドラマや原作のネタバレが含まれますので、ご注意ください。

となりのナースエイドのシムネスとは?医療用語の意味を調査

「シムネス」は、ドラマや原作に登場する架空の病気で、正式な病名は「全身性多発性悪性新生物症候群」です。

この病気はがんの一種で、全身にがんが同時多発する特異なものであり、架空のウイルス感染症も併発します。

残念ながら、現在の医学では治療法が見つかっておらず、5年後の生存率が0%という不治の病です。

このウイルスは人工的に作られたものということです。

・・・という設定になっているようです。

ねこ
ねこ

ナースエイドとは、「看護助手」です。看護師が国家資格が必要なことに対して、ナースエイドにはそのような資格は必要ありません。一般的には、看護師がスムーズに動けるようにサポートしていくお仕事です。


となりのナースエイド シムネスになるとどうなるの?

シムネスにかかると、おおむねガンの症状で全身に痛みやしびれ、認知症、感情のコントロールの喪失など、さまざまな症状が現れます。

病気の進行は非常に速く、治療法がないため、対症療法が主体となるようです。

シムネスはドラマの中で主人公桜庭澪にとって特別な意味を持ち、彼女の過去や現在、未来に大きな影響を与える病気として描かれています。

シムネスに対する患者の孤独や絶望が、物語に深みを与えています。

となりのナースエイドのオームスとは?シムネスに対抗できる機械?
2024年1月から放送されている『となりのナースエイド』は、新人ナースエイドの桜庭澪が、外科医の竜崎とともに奇病シムネスの治療に挑む医療サスペンスです。 このドラマでは、シムネスという全身にがんが同時多発する不治の病や、オームスという最先...

最新話までHuluで視聴可能です。




となりのナースエイドの原作は?

「となりのナースエイド」は、知念実希人さんによる小説で、2023年11月に角川文庫から出版されました。

主人公の桜庭澪は、半年前に起きた凄惨な事件をきっかけにナースエイド(看護助手)を志し、星嶺大学医学部附属病院の統合外科病棟に配属されます。

ナースエイドという立場の彼女は医療行為が許されませんが、患者に寄り添い、癒していく。

ある日、澪の身辺に怪しい影が近づいて、そこで彼女は事件がまだ終わっていなかったことを知るということです。

原作のあらすじと、ドラマのあらすじは、ほぼほぼ同じと思っていいようですよね。 




まとめ

「となりのナースエイド」における架空の病気「シムネス」は、物語において登場人物たちの運命を左右する重要な要素となっています。

この病気を通して描かれるのは、命の儚さや喪失に対する切ないストーリーです。

シムネスの設定や症状は、架空のものであるにもかかわらず、リアリティを持っていまて、本当にありそうな病気にも感じます。

「となりのナースエイド」は、シムネスをきっかけに、家族や人間関係、生と死に対する考えさせられるドラマとなっており、これからの展開がますます注目されますね。

となりのナースエイドのオームスでどうなる?シムネスに対抗できる機械?

コメント

タイトルとURLをコピーしました