大泉洋紅白歌手デビュー!玉置浩二とのコラボ曲で感動を届ける!

《 本サイトはプロモーションを含んでいます 》
大泉洋紅白歌手デビュー!玉置浩二とのコラボ曲で感動を届ける! エンタメ

俳優やタレントとして活躍する大泉洋さんが、今年の紅白歌合戦で歌手として初出場することが決まりました。

過去には「大泉洋 with STARDUST REVUE」のコラボレーションシングルとして楽曲を発表したこともあります。

そんな大泉洋さんが、2023年10月31日に自身が作詞し、玉置浩二が作曲とプロデュースを手掛けた楽曲「あの空に立つ塔のように」を配信リリースしました。

どんな風に紅白では歌われるのでしょうか。

大泉洋の紅白歌手デビューの経緯ときっかけ

大泉洋はさん、NHK総合の音楽番組『SONGS』の“責任者”として活躍していますが、歌手として初めてこの番組に登場した回がありました。

2023年11月2日の『SONGS 生放送スペシャル~玉置浩二プロデュース楽曲TV初歌唱~』で、玉置浩二提供の新曲「あの空に立つ塔のように」をテレビ初披露しました。

この曲は、大泉洋さんが故郷の塔をイメージし、若い男女の思い出に想いを馳せながら書いた、ロマンチックでノスタルジックなバラードです。

作曲とプロデュースは、同じ北海道出身でアン・ルイスや中森明菜などの楽曲を手がけた玉置浩二さんが担当し、作詞は大泉洋さん自身が手掛けました。

大泉洋さんは、自身の紅白歌手デビューについて次のように語っています。

「歌手として紅白に出場することになりましたが、これは私の意思ではなく、玉置さんのおかげです。

玉置さんが素晴らしい曲を作ってくださったので、それに応えるために歌わせていただきました。

私は歌手ではないので、紅白に出場する資格はないと思いますが、玉置さんの曲を紹介する機会として、精一杯歌います。」

引用元:Billboard JAPANインタビュー




大泉洋の紅白でのパフォーマンスの予想と見どころ

大泉洋さんは、今年の紅白歌合戦で初めて歌手として出場することが決定しました。

過去3年間、大泉洋さんは紅白の司会を担当しており、今年はその司会から歌手への異例の転身を果たすことになりました。

大泉洋さんは、紅白でのパフォーマンスについて次のように語っています。

「紅白で歌うことは、私にとって大きな挑戦です。司会をしていたときは、歌手の皆さんの素晴らしい歌声に感動していましたが、自分が歌う立場になると、とても緊張します。

でも、玉置さんの曲を紹介する機会として、精一杯歌います。

私は、紅白のステージで、玉置さんと一緒に歌うことができれば、とても嬉しいです。」

大泉洋さんの歌唱力や表現力がどの程度か、注目されます。

歌手としての経験がそれほど多くない大泉洋さんですが、玉置の指導のもとで練習を積んできました。

自分の歌声に自信がないと言っている大泉洋さんですが、果たしてどのような歌声を披露するのでしょうか。




大泉と玉置のコラボレーションがどのように実現するのか、関心が寄せられます。

お二人は同じ北海道出身であり、互いに尊敬し合っているようで、大泉洋さんは玉置浩二さんとの共演をとても望んでいらっしゃいますが、果たして玉置浩二さんは紅白に出演されるのでしょうか?

もし出演するなら、どのような形で共演するのかが気になるところです。

大泉洋さんの紅白でのパフォーマンスが、彼の生誕50周年の記念となるか、期待が寄せられます。

彼は2023年4月3日に50歳の誕生日を迎えました。大泉洋さんは、自分の人生の節目として、紅白で歌うことにとても意味を感じていらっしゃるようです。

果たして自身の半世紀の歩みを歌に込めることができるでしょうか。

大泉洋の紅白歌手デビューのパフォーマンスの予想と見どころまとめ

大泉洋さんの紅白歌手デビューに至るまでの経緯や楽曲についてまとめました。

水曜どうでしょうをご覧になっている方なら皆さん感じていらっしゃると思いますが、大泉洋さんは基本的には歌がお上手だと思います。

でも、普段なかなかテレビで歌われる姿を拝見しないので、もしかしたら緊張されるかもしれませんし、どんなステージになるのか楽しみですよね。

演技派俳優として、味のある歌を歌ってくださることを期待しています。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました