【とた】という歌手は何者なのか?どんな経歴で活動してるか調査!

《 本サイトはプロモーションを含んでいます 》
【とた】という歌手は何者なのか? どんな経歴で活動してるか調査! エンタメ

ZIP!のハックツコーナーで紹介された「とた」さん。

TikTokでデビューへの道を掴んだという彼女はいったいどんな経歴をお持ちなのか?そしてどんな活動をされているのだろうか?という視点で調べてみました。

「とた」さんの音楽に触れることで、どんな世界が広がるのでしょうか?

【とた】という歌手は何者なのか?どんな経歴?

2000年代生まれということだけで年齢はわかりませんが、彼女は自宅の部屋でDAWを駆使し、楽曲制作からアートワークや映像のプロデュースまで手がけるベッドルームアーティストとして注目を浴びています。

DAW(デジタルオーディオワークステーション)とは、音楽制作や録音、編集、ミキシングなどを行うためのソフトウェアやシステムのこと。コンピュータ上で音楽やオーディオをデジタル形式で制作する包括的なツールです。有名なDAWにはAbleton Live、Logic Pro、Pro Tools、FL Studio、Cubaseなどがあり、これらはプロの音楽制作者からベッドルームアーティストまで、さまざまなユーザーによって広く利用されています。高校生の頃から音楽制作をされていたとのことですので、知識も豊富なのだなと思いますよね。
ベッドルームアーティストとは、主に自宅のベッドルームや個人のスペースで音楽制作を行うアーティストを指します。

彼女の音楽性は、インディーロック、USインディー、シンセポップなど様々なジャンルを巧みに融合させ、オルタナティブなサウンドが特徴です。

2021年2月から動画共有サイトやSNS上での投稿を始め、わずか1年足らずで「紡ぐ Short Ver.」が合計270万回以上再生され、TikTokやInstagramのリールで27,000本以上のユーザー投稿動画で使用され、大きな注目を浴びました。

その後、2022年12月にはカンロ「ピュレグミ」web CMのタイアップソング「せーかいせかい」をリリース。

そして、2023年2月には「紡ぐ」をフル音源化し、全国37局のラジオやCSでパワープレイされ、USEN HIT SNSランキングで1位、ShazamのDiscovery Japanチャートでも連日1位を獲得。

Spotifyのプレイリストでピックアップされ、TikTokでは「紡ぐ(フルver)」のオリジナル投稿が2ヶ月で450万再生を突破。「紡ぐ(Short ver)」含むユーザー投稿動画の総再生数は4億回を超えました。

彼女はまた、2023年4月19日に10代女性ソロシンガーソングライターとして初となるYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」に出演。

そして、同年8月には所属元のレインボーエンタテインメントがポニーキャニオンと共同で設立したレーベル「RECA Records」に所属しました。




【とた】はどんな活動してるか調査!

「とた」は主にオンラインでの活動がメインで、ライブはまだやっていないようです。

YouTubeチャンネルやSNSで、オリジナルの楽曲やカバー、MVやメイキング動画などをアップされています。

実際、YouTubeチャンネルでは約4.67万人の登録者と、なんと総再生回数が約1238.5万回もあります。

音楽についての考えや気持ちを、インタビューやラジオなどで率直に語っていて、自分の感情を表現する手段として音楽を大事にしていることがわかります。

それと同時に、自分の音楽には自分の世界観や考え方が反映されていると言い、それが共感されると嬉しいし、受け入れてもらえるともっと嬉しいとおっしゃっています。




まとめ

「とた」さんという歌手についてまとめました。

彼女は、インターネット上での活動を中心に、独自の音楽性や歌詞で多くの人々を魅了しています。

彼女の楽曲は、様々なメディアやチャートで高い評価を得ています。彼女は、自分の音楽を通して、自分の感情や世界観を表現しています。

注目のアーティストと言えると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました