となりのナースエイドのオームスとは?シムネスに対抗できる機械?

《 本サイトはプロモーションを含んでいます 》
となりのナースエイドのオームスとは?シムネスに対抗できる機械? エンタメ

2024年1月から放送されている『となりのナースエイド』は、新人ナースエイドの桜庭澪が、外科医の竜崎とともに奇病シムネスの治療に挑む医療サスペンスです。

このドラマでは、シムネスという全身にがんが同時多発する不治の病や、オームスという最先端の医療機器が登場します。

シムネスとオームスは、ドラマの鍵を握る重要な要素ですが、実際にはどんなものなのでしょうか?

となりのナースエイドのオームスとは?

ドラマの核心であるシムネスについてはこちらの記事をご覧ください。

オームスは、火神教授が開発した最先端の医療機器で、ガンの完全な治療を可能にするとされています。

シムネスは全身にがんが同時多発する不治の病として描かれており、オームスが治療に関与していることが示唆されています。

となりのナースエイドのオームスはシムネスに対抗できる機械?

オームスとは、不治の病と言われるシムネスに唯一対抗出来る治療システムです。

オームスは、ドラマ内での架空の医療機器で、「outside operated Higami cell machine system」の頭文字から「OOHMS」と呼ばれます。火神教授が開発し、彼の名前から名付けられました。

オームスは、外部から遠隔操作されることで、「火神細胞」として知られる細胞を治療に利用します。

火神細胞はがんを分解する細胞で、マイクロサイズのコンピューター回路を内蔵し、外部から制御されます。この新火神細胞を操作するのがオームスです。

となりのナースエイドのオームスをどんなふうに使うのか?

治療方法は、VRゴーグルをつけた操作者が新火神細胞をがんの病巣に誘導し、がん細胞を消滅させます。これは従来の治療法とは異なり、がん細胞を無力化する革新的な方法です。

しかし、オームスの操作は脳に大量の情報が流れ込み、長時間の操作は精神的に負担が大きいため、リスクも伴います。操作ミスにより、新火神細胞が制御不能になり、患者の身体に悪影響を及ぼす危険性もあります。

オームスはシムネスの治療に革新をもたらす一方で、高いリスクも抱える医療機器のようです。

SFチックになってきましたが、現在の医療でも私の想像を超えるSFっぽいことはたくさんあるので、こういうのもいつか現実になるのではないか?と思えます。

となりのナースエイドのオームスを使える医師はいるのか?

火神教授が優秀な医師を集めているのは、医師として優秀であり、さらにオームスという医療機器に適合できる医師を探すためでもあるようです。

ドラマの現段階では、天才外科医の竜崎大河が15分程度、火神教授の娘でもある火神玲香が5分くらいしかオームスの操作が出来ないとのことでした。

オームスを起動させるとたくさんの情報が脳内に流れ込み、最大の難関らしいのが本人が無重力状態になり酷い乗り物酔いを引き起こさせる、、とにかく気持ち悪い状態になるようです。

そんな状態で医師としての仕事もしないといけないという困難な状況になるために、なかなか適合者が居ないため、火神教授は優秀な外科医を集めているということみたいです。

そこで鍵を握るのが主人公の「桜庭澪」ということですね。乗り物に強そうな彼女がどうやら「オームスを操作できる医師」になりうるのであろう、、とドラマを見ていると想像できますよね。

段階を踏んで、トラウマを少しずつ克服しているようなので、医師として復帰出来る日もそう遠くはないのではないでしょうか。

まとめ

  • オームスは、がんを食べて分解する新火神細胞を外部から操作し、ガンの完全な治療を可能にするとされる。
  • シムネスという病気の治療に使用されるが、オームスには使用するにあたり重大な欠点がある。
  • 操作者は現在存在せず、技術的に優れた医師でも数分しか操作できない。

今回、上記のようなことがわかりました。

これから更に、となりのナースエイドを注意深く見ていきたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました