Adoコラボの吉乃と弱酸性とは?なぜ怒っているのか調査!

《 本サイトはプロモーションを含んでいます 》
Adoコラボの吉乃と弱酸性とは?なぜ怒っているのか調査! エンタメ

Adoさんは、2020年にメジャーデビューした女性歌手で、「うっせぇわ」のデビュー曲が大ヒットしました。

Adoさんは、自身がリスペクトしている人たちと積極的にコラボレーションしており、歌い手の吉乃さんと弱酸性さんともコラボされました。

このコラボに対して一部のファンからは否定的な意見が寄せられAdoさんは、これに対し自身のSNSで「非常に傷つきました」と心境を吐露しています。

Adoさんのコラボ相手である吉乃さんと弱酸性さんとはどんな人物なのでしょうか?そして、なぜ一部のファンは怒っているのでしょうか?

Adoコラボの吉乃と弱酸性とはどんな人?

吉乃さんと弱酸性さんは、ともに歌い手として活動している人です。

歌い手として活躍する彼らは、主にボーカロイドやアニメソングをカバーする才能豊かなアーティストです。

自分の歌声や表現力だけでなく、オリジナル曲や歌詞、コーラス、アレンジ、動画、イラストなど様々な才能を発揮しています。

これらの作品は主にニコニコ動画やYouTubeで公開され、数百万回再生を超える人気を誇ります。歌い手たちは、独自の個性を通じてリスナーとの交流やコミュニティを築いています。

吉乃さん

吉乃さんは2019年から歌ってみたの動画で活動を開始しました。クラウドナイン芸能事務所所属で、可愛らしい容姿とは裏腹に、力強く伸びやかな歌声で様々なジャンルを歌いこなしています。

2021年には初のオリジナル楽曲「百倍返し」をリリースし、その歌声に合わせてAdoさんが手がけた特別な楽曲です。

吉乃さんはAdoさんとのコラボについて、「夢のようで、とても嬉しい。Adoさんの曲は、私にとってもリスナーさんにとっても特別なものだと思います」と感謝のコメントを寄せています。

弱酸性さん

弱酸性さんは、2020年5月に歌い手の活動をスタートさせた男性歌手です。彼は梟noteというユニット名で、ソニーミュージックからメジャーデビューを果たしています。

透明感がありつつも厚みを感じる声質が彼の特徴で、コーラスアレンジなど多彩な表現に富んでいます。

自身のオリジナル曲や歌ってみた動画はYouTubeで公開され、中には数百万回再生を超える人気作品もあります。

Adoさんとのコラボに対しては、「Adoさんは私の憧れの存在で、一緒に歌えることは光栄です。彼女の曲は、私にとってもリスナーにとっても素晴らしいものだと感じます」と喜びをコメントしています。




Adoコラボ相手のことでなぜ怒っているのか調査!

Adoさんは、2021年9月に行われた自身のツアー「Ado Live Tour 2021 -カムパネルラ-」の横浜アリーナ公演で、吉乃さんと弱酸性さんと共に、Gigaさんの楽曲「Ready Steady」をコラボして歌いました。

このコラボは、AdoさんのYouTubeチャンネルで2024年1月23日にプレミア公開されました。この動画は、現在までに約200万回再生されており、多くのコメントが寄せられています。

その中には、Adoさんや吉乃さん、弱酸性さんの歌声やパフォーマンスを称賛するものや、感動したというものが多く見られます。

しかし、一方で、Adoさん以外のメンバーに対して否定的な意見を言うものや、それに賛同するものも存在しています。そのようなコメントの一部を以下に紹介します。

・「Adoさんの歌声って本当に素晴らしいよね。他の二人も頑張ってるけど、Adoさんの存在感が圧倒的。もっと高い次元のコラボが見たいな。」

・「吉乃さんと弱酸性さんは、Adoさんに少し引いちゃってる感じがするよね。声が小さいし、表情も硬いかも。Adoさんの魅力がもっと引き立つといいな。」

・「Adoさんのファンとしては、正直このコラボはちょっと意外だったかな。Adoさんが一人で歌っている方が迫力あるし、他の歌い手との絡みは不要かなって思っちゃう。」

・「Adoさんは、吉乃さんや弱酸性さんとのコラボで自分のポテンシャルを制限している感じがするよね。もっと有名な歌手やアーティストとのコラボが見たいな。」

・「吉乃さんと弱酸性さんは、Adoさんの人気に便乗しているような気がする。Adoさんはファンを大切にしてほしいし、こういうコラボは慎重に検討してほしいかな。」




これらのコメントは、Adoさんや吉乃さん、弱酸性さんの音楽や人間性を尊重していないものであり、配慮や想像力に欠けていると見えます。

Adoさんは、好きな人や尊敬する人とコラボを重ねています。吉乃さんや弱酸性さんも歌い手として個性や魅力を持ち、Adoさんとのコラボによって音楽の幅を広げているのだと思います。

自らの音楽に対する姿勢や思いをXやインタビューで語り、批判に対しても「私は自分の好きなことをやっているだけなので、それに対して批判されるのは悲しいです。私は自分の音楽に自信を持っていますし、コラボした方々も素晴らしい方々です。私は彼らと一緒に歌えることに感謝しています」とコメントしています。

まとめ

コラボ相手の方は、Adoさんの好きな人や尊敬する人であり、歌い手としての仲間でもある、そんな方たちへの批判に対して、自分の気持ちを発信せずにはいられなかったという感じです。

Adoさんは、自分の音楽やコラボ相手を大切に思っています。

Adoさんの音楽やコラボを楽しみながら、彼女の想いと共に応援していきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました