朝ドラにBE:FIRSTリョーキ出演で役柄は何?選ばれた理由など調査!

《 本サイトはプロモーションを含んでいます 》
朝ドラにBE:FIRSTリョーキ出演で役柄は?選ばれた理由など調査! エンタメ

2024年4月から放送されるNHKの連続テレビ小説「虎に翼」に、ボーイズグループ・BE:FIRSTのメンバーであり、俳優としても活躍するリョーキこと三山凌輝さんが出演することが発表されました。

リョーキは、主人公の猪爪寅子(いのつめともこ)の弟である猪爪直明(いのつめなおあき)役を演じます。

この記事では、リョーキの役柄や選ばれた理由、そして彼のこれまでの経歴や魅力について紹介します。

朝ドラにBE:FIRSTリョーキ出演で役柄は何?

リョーキこと三山凌輝さんが演じるのは、寅子の弟である猪爪直明です。

直明は、純粋な性格で家族思い、責任感が強く家計を支えるために自分を犠牲にしようとする一面もあるような優しい人とのことです。

「虎に翼」は、日本初の女性弁護士であり、裁判官となった三淵嘉子をモデルにした物語です。

主人公の猪爪寅子は、大正時代に女性に法律を教える日本で唯一の学校に入学し、やがて弁護士となります。

しかし、戦争によって法の世界から遠ざかり、敗戦後に裁判官として復帰します。寅子は、家庭裁判所の設立に尽力し、追いつめられた人々のために情熱をもって裁判を行います。

朝ドラにBE:FIRSTリョーキ出演 選ばれた理由は?

三山凌輝さんが「虎に翼」に出演することになったのは、彼の俳優としての実力や魅力が認められたからではないでしょうか。

三山凌輝さんは、2021年にSKY-HI主催のボーイズグループ発掘オーディション「THE FIRST」に参加し、BE:FIRSTのメンバーに選ばれました。

BE:FIRSTとしては、歌やダンス、ラップなどのパフォーマンスを披露していますが、三山凌輝さんは、それ以前から俳優としても活動していました。

映画「縁側ラヴァーズ」や「人狼ゲーム デスゲームの運営人」、2.5次元ダンスライブ「ツキウタ。」などに出演し、その表現力や存在感で注目を集めていました。

また、三山凌輝さんは、英語や韓国語など5ヵ国語を話せるという多才ぶりも持ち合わせています。そんな彼の才能や魅力が、「虎に翼」の制作陣の目に留まり、猪爪直明役に抜擢されたのではないでしょうか。




まとめ

この記事では、BE:FIRSTの三山凌輝さん(リョーキ)がNHKの朝ドラ「虎に翼」に出演することについて、役柄や選ばれた理由、そして彼のこれまでの経歴や魅力について紹介しました。

三山凌輝さんは、俳優としてもアーティストとしても多才で魅力的な人物です。

彼が演じる猪爪直明は、主人公の寅子の弟あり、家族思いの優しい青年です。

朝ドラ「虎に翼」は、2024年4月から放送開始です。ぜひご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました