宿儺(すくな)の声がカッコよすぎる?諏訪部順一さんてどんな人?

《 本サイトはプロモーションを含んでいます 》
アニメ

盛り上がっている呪術廻戦ですが、「霹靂」で聴かせてくれた両面宿儺(りょうめんすくな)の声が、よろめくほどかっこよかったです。

両面宿儺を演じているのがどんな声優さんなのか?調べてみました。

宿儺(すくな)の声がカッコよすぎる?

宿儺の魅力は、彼の持つ力強さと驚異的な知性にあります。

彼は呪いの王として、その圧倒的な能力で敵味方を操ります。

相手の呪術や呪霊の能力を見抜き、それに対抗する方法を見出し、領域展開という優れた技術を駆使して敵を制します。

諏訪部順一さんの声が乗ることで、宿儺の戦闘シーンは一段とスリリングで迫力があり、鑑賞する価値があります。

宿儺は自己の快楽や興味に忠実であり、他者には無関心です。

彼は自分の思うがままに行動し、時には残忍で傲慢な面を見せることもあります。

しかし、その一方でユーモアや皮肉を交えた言動も魅力で、諏訪部順一さんの演技がそれをさらに引き立てます。

彼のセリフは深い印象を与え、宿儺の存在感を強めます。

また、宿儺は物語の主人公である虎杖悠仁の体内に宿っており、彼との関係が物語の鍵を握ります。

宿儺は虎杖との掛け合いが特に重要で、その緊張感やコミカルなやりとりが物語の魅力を高めます。

諏訪部順一さんの声が宿儺と虎杖の関係性をより生き生きとさせ、その変化が視聴者を引き付けます。

宿儺は悪者として描かれることもありますが、声優の諏訪部順一さんの演技によって、彼の魅力が一層際立ちます。

諏訪部順一さんの声が乗ることで、宿儺のカッコ良さがさらに増し、彼のキャラクターに新たな魅力を与えています。

特に「揺蕩-弐-」「霹靂」「霹靂-弐-」この3回での演技は、漏瑚とのやり取りなどで宿儺が醸し出す力強さや説得力を存分に感じさせます。




宿儺(すくな)の声、諏訪部順一さんてどんな人?

諏訪部順一(すわべ じゅんいち)さんは、1972年3月29日に東京都で誕生しました。

声種はバリトンで、東京俳優生活協同組合に所属しています。

元々、諏訪部さんは映画監督を目指しており、高校や大学では映画制作サークルに所属していました。

しかし、映像制作の厳しさを感じ、声優の道へ進む決意をしました。

1999年にはテレビアニメ『ワイルドアームズ トワイライトヴェノム』で初の主演を果たし、その後も『テニスの王子様』の跡部景吾役や『黒子のバスケ』の青峰大輝役など、多くの人気作品に出演しています。

声優としてだけでなく、歌手としても活動しており、個人名義やユニット「フェロ☆メン」として楽曲を制作しています。

また、ラジオやイベントのMC、ナレーションなど、幅広い分野で才能を発揮しています。

諏訪部さんの実力は声優アワードやYahoo!検索大賞などで高く評価されています。

2012年には『うたの☆プリンスさまっ♪』のST☆RISHとして歌唱賞を、2013年と2018年には助演男優賞を受賞し、2019年にはパーソナリティ賞を受賞しました。

書ききれないほどたくさんの作品に出演していらっしゃいます。

これからも素敵な声、お芝居で私たち視聴者を楽しませてくださると思います。




まとめ

宿儺の魅力について考え、諏訪部順一さんの声によって命が吹き込まれさらに魅力が倍増されているという結論に至りました。

今後もアニメ「呪術廻戦」を見守り、展開を楽しみにしたいと思います。

【呪術廻戦】渋谷のポスターはどこで見れる?ファントムパレード!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました