【マルシィ】とはどんなバンド?「ラブソング」とはどんな曲?

《 本サイトはプロモーションを含んでいます 》
【マルシィ】とはどんなバンド?「ラブソング」とはどんな曲? エンタメ

「マルシィ」というバンドがZ世代に人気ということで、どんなバンドなのか?

「ラブソング」というのはどんな曲なのか?

「マルシィ」の注目すべき他の曲はどんなものがあるのか?について調査しました!

【マルシィ】とはどんなバンド?

マルシィは、2018年に福岡で生まれた3人組ロックバンドです。

バンドは吉田右京(ボーカル・ギター)、フジイタクミ(ベース)、shuji(ギター)のメンバーで構成されています。

彼らの音楽は、透明感あふれる歌声と切ない歌詞が特徴で、恋愛や孤独といった感情を繊細に表現しています。

バンドのコンセプトは「消せない記憶と生きていく。あなたの記憶をうたうバンド、マルシィ。」だそうです。

マルシィは、2020年に「Drama / 絵空」という楽曲で注目を浴び、2021年には「白雪」や「ワスレナグサ」といった人気曲をリリースしました。

そして2022年に、ユニバーサルミュージックのユニバーサルシグマからのメジャーデビューを果たし、1stアルバム『Memory』をリリースしました。

このアルバムは、バンドの才能と個性を存分に表現したものとして高い評価を受けました。

ライブ活動にも力を入れており、2021年には東京と福岡でワンマンライブを開催し、2022年には初の全国ツアー「マルシィ one man live tour 2022 “Memory”」を成功させました。

さらに、ROCK IN JAPAN FESTIVALやCOUNTDOWN JAPANなどにも出演し、その存在感を示しました。

そして2023年、彼らは新曲を次々とリリースし、2ndアルバム『Candle』を発売します。

このアルバムはファンに大きな注目を集め、5大都市ツアー「マルシィ one man live tour 2023 “melt into you”」やファンクラブツアー「マルシィ FC TOUR 2023 “Welcome to Marcy House”」を開催します。

2024年1月から「マルシィ one man live tour 2024 “Candle”」を大阪、愛知、石川、新潟、福岡、広島、北海道、宮城、東京の9都市で開催が決定しています。

マルシィは成長を続けていて、その音楽性やパフォーマンスはますます進化しているようです。




【マルシィ】の「ラブソング」はどんな曲?

マルシィの「ラブソング」は、恥ずかしくてなかなか口に出せない「愛してる」という気持ちをストレートに歌ったラブバラードです。

この曲は、大切な人と過ごす幸せな日々の尊さを、率直な愛情表現と多幸感に満ちたサウンドで歌い上げています。

「ラブソング」は、配信限定シングルですが、マルシィの2ndアルバム『Candle』に収録されており、2023年11月29日にリリースされます。

このアルバムのテーマは「消せない記憶と生きていく」で、バンドの代表曲である「未来図」や「雫」なども含まれています。

女優の鈴木ゆうかさんが出演し、ドライブデートをテーマにしたラブソングムービーに仕上がっています。

このビデオは、曲の雰囲気や歌詞に合った、心温まるストーリーが展開されています。

スルッと心に入ってくる歌声で「透明感のある・・」という形容がとても合ってるなぁと感じました。こんな風に愛されたいって思ってしまいますね^^




【マルシィ】の注目すべき他の曲はどんなものがあるのかな?

色々あるのですが、「ラズベリー」という曲をご紹介します。

「ラブソング」が男性目線からの曲であったのに対して、この「ラズベリー」は女性目線ということで、幅が広いのだなぁと思いました。

「ラズベリー」は、甘酸っぱい片思いを描写した歌詞と、人を好きになる気持ちをポップでリズミカルなサウンドで表現した、初夏にぴったりのマルシィ流ロックダンスナンバーです。

この曲も「ラブソング」と同様に、マルシィの2ndアルバム『Candle』に収録されます。

女優の畑芽育さんが出演し、恋に悩む女子高生の役を演じています。ビデオは、曲の雰囲気や歌詞に合わせて、心を打つストーリーが描かれています。

是非、聞いてみてください^^

インディーズ時代に配信したMV「Drama」という曲は現在では326万回再生されていますし、「幸せの花束を」という曲も325万回再生されています。

繰り返し聞きたくなる心地よい歌声と、気持ちを代弁するような歌詞に共感が集まっているのだなと感じました。


まとめ

【マルシィ】というバンドがどんな方たちでどんな曲を歌っているのか?と調べましたが、この先どんどん大きくなっていくのだろうと素直に思いました。

「ラブソング」も、「ラズベリー」も永遠に誰かの胸に刺さり続ける歌詞だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました