【福袋2024】子ども向け福袋はある?洋服から文房具までご紹介!

《 本サイトはプロモーションを含んでいます 》
情報系

新年の訪れと共にやってくる福袋シーズン。

2024年、注目すべきおすすめの福袋をご紹介します。

【福袋2024】子ども向け福袋はある?洋服編

こども向けのかわいらしいお洋服が詰め合わされた福袋は、ブランドや店舗ごとに展開されており、中身は開封まで謎に包まれています(選べるものもあります)。

種類も豊富なのですが、比較的リーズナブルなキッズ向けのものをいくつかご紹介します!

 

 

 



 

【福袋2024】子ども向け福袋はある?文房具編

お待ちかねの新年福福袋には、洋服やコスメ、雑貨など、さまざまなジャンルのものがありますが、文房具好きの方には、文房具の福袋がおすすめです。


鬼滅の刃、アニメの新シリーズもそろそろ話題に上って来てますよね。人気が高いです。


スヌーピーは、何世代にも渡ってのロングセラーですよね。可愛いです。


ムーミン!北欧の香りのするムーミンの雰囲気が好きです。

福袋の由来など豆知識~♪

福袋は日本の伝統的な楽しみの一つですが、その由来には複数の説があります。

一般的には、七福神のひとりである大黒天が抱えている大きな袋が由来とされています。

大黒天は金運や幸運を司る神様であり、その袋の中から人々に福を分け与えてくれると信じられています。

福袋の起源は明確ではありませんが、江戸時代に呉服屋の越後屋(三越の前身)が「えびす袋」として販売したのが福袋のルーツとされています。

えびす袋は、残り布などを袋に詰め、中には金の帯なども入っていたといわれています。

このえびす袋は江戸で大流行し、他の呉服屋や店舗も同様の販売を始めました。

明治時代に入ると、福袋の内容は呉服だけでなく、日用品や書籍などさまざまな商品が入ったり、価格も数百円から数万円まで幅広くなりました。

昭和時代には、福袋の販売が百貨店やスーパーなど様々な場所に拡大し、中身も高価な品物や体験型のものなど多様化しました。

現在、福袋はお正月だけでなく、季節ごとに販売されることもあります。

また、中身が透明な袋や公表されているものなど、本来のコンセプトから外れたものもあります。

福袋は、自分の幸せや新年の希望を象徴するものとして、今でも多くの人々に愛されています。




まとめ

新しい年の始まりを彩る福袋シーズン。

福袋を買うと、お得感や期待感や楽しみがありますよね。

ぜひ、お子様にぴったりの福袋を探してみてくださいね。福袋の予約は始まっています。

お早めにどうぞ^^。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました