マイエレメント吹替はなぜ玉森裕太と川口春奈?他の吹替声優は?

《 本サイトはプロモーションを含んでいます 》
エンタメ

ディズニー&ピクサーの最新作「マイ・エレメント」が2023年8月に公開されますね。

日本語版吹き替えを誰が担当するのか?が話題でしたが主人公の火の女の子エンバー役が川口春奈さんであることが、2023年5月12日に発表されました。

そしてもう1人の主人公水の青年ウェイドの声をKis-My-Ft2の玉森裕太さんであると同6月1日に発表されました。

マイエレメント吹替はなぜ玉森裕太と川口春奈?

ねこ
ねこ

どのようにして選ばれたのでしょうか?

「マイ・エレメント」の日本語版声優はオーディションで選ばれたとのことです。
どんなオーディションだったのでしょうか?

『アナと雪の女王』の場合ですと、ディズニー側の日本スタッフがある程度色々な条件に合う人を選定した上でオーディションとなったと聞いたことがあります。

玉森裕太さんと川口春奈さんもそんな感じなのでしょうか。だとしても複数の中から選ばれたわけですからすごいですよね。

色々な条件というのは元英語版のキャストの方と声が似ているということも含まれているとのことでした。世界中で同じ体験になるように「声」という要素も、とても重要視されているそうです。

英語版を聞くと、玉森裕太さんのウェイド、川口春奈さんのエンバーと同じような雰囲気がありました。

つまりとても「イイ感じ」ということですね^^さすがオーディションを勝ち抜いただけのことはあるな!と上から目線みたいですが思いました。

マイエレメント玉森裕太と川口春奈他キャストは?

ねこ
ねこ

主要実写吹替声優さんを一覧にしました。

役名 吹替声優名
エンバー(火のエレメント) 川口春奈
ウエイド(水のエレメント) 玉森裕太
ゲイル(風のエレメント) MEGUMI
ファーン(土のエレメント) 伊達みきお
エンバーの父・バーニー 楠見尚己
エンバーの母・シンダー 塩田朋子
ウエイドの母・ブルック 山像かおり
エンバーの友人・クロッド 大谷育江
ウエイドのおじ・ハロルド 高木渉
ウエイドの兄・アラン 間宮康弘
ウエイドの妹・レイク 濱口綾乃

マイエレメントの火と水と土と風の世界とは

もしも火・水・土・風のエレメントたちが暮らす世界があったら?というコンセプトで描かれた「マイ・エレメント」。
この世界『エレメント・シティ』でのたった一つのルールは他のエレメントとは関わらないこと。(これ、聞いただけで何故かウルっとします。)

すでに公開されている映像はとても美しく瑞々しいものでした。
”もしも”の世界ですので、すべてが創造されたシーンとなりますが、説明の中に”ユニークでイマジネーションあふれる”とあって本当にその通りだなと、映像を観て思いました。

特報として流れていた2分ほどの映像中で玉森裕太さん演じる「ウェイド」と川口春奈さん演じる「エンバー」の声も流れます。
なんだかこの短いシーンだけでも目頭が熱くなるような?切ない感じが伝わってきます。関わってはいけない違うエレメント同士の2人が出会って、いったいどんな物語が展開されるのでしょうか。

最終的には4つのエレメントすべてが一緒に暮らせる世界になっていくのかなぁ?そうであって欲しいなぁ、、と思いました。でないとせっかく出会った二人が離れ離れになるのは辛いですもんね。

ねこ
ねこ

幸せな結末でありますように。。

マイエレメントの公開はいつ?

「マイ・エレメント」の劇場公開日は2023年8月4日です。

「カールじいさんのデート」との同時上映で、先にカールじいさんを観てから、マイ・エレメントを観ることになるようです。

テーマ的に「カールじいさんのデート」は「マイ・エレメント」と調和するものだとのことですので、こちらも楽しみに劇場へは足を運びたいですね~^^。

コメント

タイトルとURLをコピーしました