離婚しない男のあらすじ!脚本は誰で原作はある?

《 本サイトはプロモーションを含んでいます 》
離婚しない男のあらすじ!脚本は誰で原作はある? エンタメ

2024年1月10日からテレビ朝日で放送予定のドラマ『離婚しない男ーサレ夫と悪嫁の騙し愛』は、伊藤淳史さんが主演する作品です。

このドラマはブラックコメディーで、妻の不倫を知った夫が親権を得るために不倫の証拠を集めるストーリーが展開されます。

脚本は、放送作家・脚本家である鈴木おさむさんが手がけており、原作は大竹玲二さんのマンガ『離婚しない男』です。

第1話放映まで、妻役が誰か伏せられていましたが、篠田麻里子さんと判明しました。

振り切った大胆な演技が話題になっています。

離婚しない男のあらすじ!

ドラマ『離婚しない男』の主人公は、岡谷渉(伊藤淳史さん)です。

彼は大手新聞社の社会部エース記者でしたが、ある日、妻の綾香(篠田麻里子さん)が芸能事務所のチーフマネジャー・司馬マサト(小池徹平さん)と不倫しているのを目撃します。

渉は綾香に離婚を切り出せば、親権を失う可能性が高まると判断し、親権を獲得するため、不倫の証拠を収集することを決意します。

彼は部署を異動し、在宅ワークに切り替えるなど、娘の心寧(磯村アメリさん)の養育実績を作るために奮闘します。

しかし、弁護士の財田トキ子(水野美紀さん)からは「父親の親権の獲得率はわずか1割」と指摘されます。

そこで、渉は財田と業務提携を結んだ探偵の三砂裕(佐藤大樹さん)と協力し、綾香とマサトの不倫現場を追跡し、盗聴器や隠しカメラを使いさまざまな作戦を展開します。

一方、綾香とマサトは、不倫の危険性を感じつつも、止められない恋に陥っていきます。彼らはホテルやカラオケボックスなどで情熱的な時間を過ごし、渉や裕に嘘をついたり、家庭を顧みなくなったりします。

しかし、その結果、綾香とマサトの関係にも亀裂が生じていきます。

果たして、渉は不倫の証拠をつかむことができるのでしょうか?綾香とマサトは不倫をやめることができるのでしょうか?このドラマは不倫と離婚をテーマにした、笑いと涙の物語です。


離婚しない男の脚本は誰?

ドラマ『離婚しない男』の脚本は、鈴木おさむさんが担当しています。彼は長年にわたり放送作家・脚本家として、多くのバラエティ番組やドラマを手がけてきました。

2023年12月、鈴木おさむさんは2024年3月31日をもって放送作家・脚本家としての引退を発表しました。引退の理由について、「自分のやりたいことをすべて達成した」と述べています。

ドラマ『離婚しない男』は鈴木おさむさんにとって最後の地上波ドラマとなるとのことです。彼は、「原作のマンガが魅力的だったので、脚本執筆が楽しかった」と語っています。

また、鈴木おさむさんは、このドラマの見どころについて、「不倫という重いテーマをコメディタッチで描いており、笑いながら深い考察を促す作品になっている」と述べています。

この作品に出演する俳優たちについても言及し、「伊藤淳史さんや玉田志織さんなど、実力派の俳優たちが素晴らしい演技を見せてくれている」と賞賛しています。

そして、鈴木おさむさんは、『離婚しない男』の視聴者に向けて、「不倫や離婚に興味のある人だけでなく、そうでない方々にも楽しめるドラマになっているので、ぜひご覧いただきたい」と呼びかけています。



離婚しない男の原作はある?

ドラマ『離婚しない男』の原作は、大竹玲二さんのマンガ「離婚しない男」です。マンガは、『ヤングマガジン』に連載されました。

現在は3巻まで発売されており、「第1部完結」となっています。

離婚しない男のあらすじ!脚本は誰で原作はある?まとめ

『離婚しない男』というドラマは、大竹玲二さんのマンガを原作にしていて、伊藤淳史さんが主演するブラックコメディです。

このストーリーは、夫が妻の不倫を目撃し、離婚しても親権を得るための不倫の証拠集めをする過程を描いています。

2024年3月31日に引退することを発表している鈴木おさむさんが脚本を手がけており、このドラマが彼の最後の地上波作品になるとのことです。

どんな風にドラマが展開していくのか、楽しみですね^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました