Aぇ!groupのデビューはどうなる?福本大晴脱退で今後は?

《 本サイトはプロモーションを含んでいます 》
Aぇ!groupのデビューはどうなる?福本大晴脱退でグループの今後は? エンタメ

旧ジャニーズ事務所の解体と、新たな会社設立により、関西ジャニーズJr.内のユニット「Aぇ!group」のデビューが危ぶまれていました。

それでも2023年10月にはテレビドラマの主題歌を手がけるなど、デビューに向けて頑張っていたAぇ!groupでしたが、2023年12月30日にメンバーの福本大晴がコンプライアンス違反により契約解除され、グループを脱退することになりました。

この出来事により、Aぇ!groupのデビューはどうなってしまうのでしょうか?

福本大晴さんの脱退がグループの今後にどのような影響を及ぼすのかなど、この記事では、Aぇ!groupのデビュー可能性や現状を分析していきます。

Aぇ!groupのデビューはどうなる?

Aぇ!groupは2019年2月に結成された6人組のグループで、バンド型アイドルとしての活動を行っています。メンバーには、正門良規、末澤誠也、草間リチャード敬太、小島健、佐野晶哉、福本大晴の6人が所属していました。

グループ名は故ジャニー喜多川氏が「君たちはええ(良い)グループ」という思いを込めて名付けられました。

デビューが危ぶまれていたもののAぇ!groupは、ジャニーズ事務所の解体と新会社設立に伴い、デビューするのでは?と注目されていました。

2023年10月から放送された読売テレビのドラマ『帰ってきたらいっぱいして。』では、小島健がW主演を務め、グループ初のドラマ主題歌「純情パスファインダー」を担当しました。

同年11月には、anan AWARD 2023のエモーショナル部門を受賞し、活躍が認められていました。

しかしながら、2023年12月30日に所属事務所のSMILE-UP.が、福本大晴のコンプライアンス違反により契約解除を発表しました。

具体的な違反内容は明らかにされていませんが、以前より女性問題でスキャンダルになることがありました。

福本大晴はグループのベース担当であり、彼の脱退により、Aぇ!groupのデビューにどのような影響が出るのかが注目されています。

Aぇ!groupのデビューはどうなる?福本大晴脱退でグループの今後は?

福本大晴さんの脱退により、Aぇ!groupは5人体制での活動を続けると発表されっました。

公式サイトでは福本大晴の名前が削除され、グループのサイトが修正されています。

しかし、グループの解散や活動休止の告知はなく、2024年には全国ツアーの予定もそのままあります。

さらに、MBS・TBS系の情報番組『サタデープラス』のテーマソング「+You」を変更する報道もありませんので、Aぇ!groupはこれからもデビューに向けての活動を5人で継続していくのではないかと考えられます。

しかしながら、福本大晴さんの脱退はグループにとって大きな打撃と言えます。

福本大晴さんは大阪市立大学を卒業した知識豊かな面もあった他、グループではベースを担当し、音楽的にも重要な役割を果たしてきましたのでAぇ!groupの音楽性や人気に影響が出る可能性があります。

コンプライアンス違反による脱退は、ファンや世間の評価にも影響を与えるのは間違いないと思われますので、Aぇ!groupが福本大晴の脱退を克服し、デビューに向けた活動を継続できるか、注目されます。

Aぇ!groupのデビューはどうなる?福本大晴脱退で今後は?まとめ

Aぇ!groupは、旧ジャニーズ事務所が再編される中でデビューが不透明でしたが、2023年10月にはテレビドラマの主題歌を手掛けるなど、デビューに向けた動きが見られていました。

ところが、2023年12月30日、メンバーの福本大晴がコンプライアンス違反により、突然グループから離脱することになりました。

これにより、Aぇ!groupのデビューはどうなるのか、福本大晴の脱退でグループの今後はどうなるのか、という疑問が出ています。

Aぇ!groupは今後、5人での活動を続けることになりますが、グループのイメージダウンなど大きなダメージとなりそうです。

ファンの方々や興味を持っている方など皆さんで、今後Aぇ!groupを応援しながら見守って行きたいところだと思います。

Aぇ!group福本大晴はなにをしたのか?コンプライアンス違反とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました