お正月の玄関に飾る花の種類と意味は?縁起の良い花でおしゃれに迎春

《 本サイトはプロモーションを含んでいます 》
お正月の玄関に飾る花の種類と意味は?縁起の良い花でおしゃれに迎春 情報系

新年を祝う特別な日であるお正月は、家族や友人が訪れることも多いため、玄関を美しく飾っておもてなししたいですよね。

お正月に飾る花々には、それぞれ縁起の良い意味があります。

こちらでは、玄関に飾るお正月の花やその意味、そしておしゃれな飾り付けのアイデアについてご紹介します。

お正月に玄関に飾る花の種類と意味は?

お正月に玄関に飾る花は、以下のようなものがあります。

:松は常緑樹であり、冬でも葉を落とさないことから、不老不死や長寿の象徴とされています。

また、松は神様の依り代として邪気を払うとも言われています。

お正月には門松や松飾りを玄関に飾って、年神様を迎えましょう。

門松

:梅は寒い冬に最も早く花を咲かせることから、希望や開運の象徴とされています。

また、梅の花は紅白に咲くことが多く、縁起が良いとされています。

お正月には枝に苔が生えた苔梅や、枝が捻られたように曲がった雲龍梅などを飾って、春の訪れを感じましょう。

:菊は中国から不老不死の薬草として伝わり、長寿や繁栄の象徴とされています。

また、菊は華やかで色形が多彩なので、お正月には華麗な雰囲気を演出します。

お正月には小型の菊を使った菊花鳥や菊花人形などを飾って、菊の魅力を楽しみましょう。




:蘭は古くから高貴な花とされ、高貴や高尚なものの象徴です。

お正月には高級な花を飾り、繁栄を祈願する習わしもあります。

また、蘭は香りが良いため、玄関に飾ると心地よい香りが広がります。

お正月には胡蝶蘭やシンビジウムなどの洋蘭を用いて、洗練された雰囲気を演出しましょう。

葉牡丹:葉牡丹はキャベツと同じアブラナ科の植物で、葉が牡丹の花に似ていることから名付けられました。

葉が紅白に染まることや葉が重なり合うことから、縁起が良いとされています。

お正月には葉牡丹と南天や福寿草などを寄せ植えにして、玄関を飾りましょう。

福寿草:福寿草は雪国において最も早く春の訪れを告げる花で、新年を迎えるにふさわしい縁起の良い花です。

福寿草は鮮やかな黄金色の花を咲かせ、富や幸福を象徴します。

お正月には福寿草と南天や葉牡丹などを寄せ植えにして、玄関を飾ってみてください。




お正月の玄関に花を飾るコツ

お正月の玄関に花を飾る際には、次のヒントを参考にしてみてください。

色や形を揃える:お正月には、鮮やかで縁起の良い色や形の花を選ぶと良いです。

例えば、紅白や金色、円形や重なる形の花がおすすめです。

花の色や形を統一することで、まとまりのある見栄えになります。

花器や装飾を工夫する:お正月の花を飾る花器や装飾にもこだわりましょう。

和風や洋風の雰囲気に合わせて花器を選ぶと良いでしょう。

また、お正月らしい飾りを取り入れると、お祝いムードが一層盛り上がります。

鏡餅やお札、お守り、扇子、提灯などを利用するのも良いですね。




配置とバランスを考える:玄関に花を飾る際は、配置やバランスにも気を配りましょう。

玄関の広さや形に合わせて、花の大きさや数を調整するとバランスが取れます。

また、花の高さや向きも考慮しましょう。例えば、高い位置に飾る場合は、花を下向きに配置すると見やすくなります。

お正月の玄関に花を飾るまとめ

お正月に玄関に花を飾ることで、新しい年の始まりに年神様や訪問者を歓迎し、幸せや繁栄を願うことができます。

お正月には縁起の良い花々、例えば松や梅、菊や蘭、葉牡丹や福寿草など、お好みの花を選んで、玄関を華やかに演出しましょう。

また、花の色や形を統一したり、花器や飾りを工夫したり、配置やバランスを考慮したりすることで、おしゃれな玄関にすることができます。

お正月の玄関に花を飾って、新たな年を明るく迎えましょう。

良いお年をの正しい使い方は?意味や由来と目上の人への言い方や時期は?

コメント

タイトルとURLをコピーしました