ブルーカードって何?サッカーの新ルールはどんなものか調査

《 本サイトはプロモーションを含んでいます 》
ブルーカードって何? サッカーの新ルールはどんなものか調査 情報系

サッカーは、世界中で愛されるスポーツですが、そのルールに変化が起こるようです。

最近では、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)やキックオフの変更など、新しいルールが導入されています。

そんな中、今話題になっているのが「ブルーカード」という新しいカードです。ブルーカードとは、どんなルールなのでしょうか?

また、ブルーカードが導入されたら、サッカーはどうなるのでしょうか?ここでは、ブルーカードに関する情報をまとめてお伝えします。

ブルーカードって何?サッカーの新ルールはどんなもの?

ブルーカードとは、国際サッカー評議会(IFAB)が検討している新しいルールの一つです。

IFABとは、サッカーのルールを決める最高機関で、FIFA(国際サッカー連盟)とイングランド、スコットランド、ウェールズ、アイルランドの各サッカー協会から構成されています。

IFABは、毎年3月に年次総会を開き、サッカーのルールに関する議題を議論します。今年の年次総会では、ブルーカードの導入が承認される可能性があります。

ブルーカードとは、ラグビーにおけるシンビン(一時退場)のルールをサッカーに導入するために考えられた新しいカードです。

シンビンは、危険なプレーなどにより、一時的に試合から離れることを命じられるルールです。

ブルーカードを提示された選手は、10分間ピッチから離れなければなりません。ブルーカードは、審判の判断に異議を唱えたり、戦術的なファウルを犯したりした場合に使用されます。

このブルーカードは、1970年にイエローカードとレッドカードが導入されて以来、初めての新しい懲罰カードとして位置付けられます。




ブルーカードでサッカーはどうなる?

ブルーカードが導入されたら、サッカーはどうなるのでしょうか?

ブルーカードの目的は、選手の行動やファウルを抑制することにあります。

そもそもは、試合中の選手の態度などからこの新しいルールの導入について話し合われることになったようです。

戦術的なファウルにも焦点が当てられ、期待されるカウンターアタックが阻害される光景は、ファンにとってストレスフルなもので、イエローカードだけで充分なのかという疑問もあり、それを議論する必要があったということのようです。

ブルーカードの導入により、選手は審判へのリスペクトを向上させ、戦術的なファウルも減る可能性があります。

また、10分間の一時退場は、選手とチームの両方にとって大きなハンデとなるので、選手はより注意深くプレーするようになるかもしれません。

ただし、ブルーカードはサッカーの流れやスピードにも影響を与える可能性があります。

10分間の退場は、試合の結果や進行に大きな影響を与えるでしょうし、ブルーカードの基準や運用方法については、明確に定める必要があります。

ブルーカードの導入がサッカーのルールにどのような変化をもたらすかは、まだ不透明ですが、その影響は大きいのではないしょうか。

まとめ

ブルーカードというサッカーの新ルールについて現状でわかっていることをまとめました。

ブルーカードは、ラグビーにおけるシンビンのルールをサッカーに導入するために考えられた新しいカードでした。

ブルーカードを提示された選手は、10分間ピッチから離れなければなりません。

ブルーカードの目的は、選手の振る舞いやファウルの抑制にあると言われています。

まだ未知数なこのブルーカード導入に対しては注視していきたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました